Q&A よくある質問


Q1 沖縄の空手とは

 ・琉球王国時代の沖縄で始まった“手(ティー)”が現代までに伝わったものです。

 ・競技を前提にしていないため、空手本来の護身的な動きが主体になります。

 ・型を稽古の中心としていますが、技よりも精神面の鍛錬に重きを置いてます。

 ・沖縄では琉舞やエイサーとともに伝統文化として位置づけられています。

 

Q2 剛柔流とは?

 ・沖縄三大流派の一つで、流祖 宮城長順先生が学んだ那覇手を元に創意工夫して立てた流派です。

 ・国際明武舘八木道場では、宮城長順先生の教えを初代明徳先生以降、一子相伝で伝承しています。

 ・剛柔流は接近戦を想定した打撃、そこからの投げ技、関節技を主体に稽古します。

 ・呼吸を大切にした稽古体系になっており、呼吸の型“三戦(サンチン)”を基本としています。

 

Q3 沖縄伝統空手を始めるのに必要なものはなに?

 ・必要なものは道着だけです。

 ・道着は守礼堂の型用道着KC-10がお勧めです。

 ・水分補給用の飲み物とタオルがあればOKです。

 

Q4 1ヶ月の稽古代はどのくらいかかるの?

 ・すずかけ台、埼玉稽古会のみの参加は¥5000。

 ・銀座、新宿を含むすべての稽古会への参加は¥10000。

 

Q5 空手をやった経験がない、年齢が高い、女性でも出来る?

 ・経験のない方でも十分についていける稽古の内容になっています。

 ・現在60歳代の方でも稽古に参加されていますし、沖縄では75歳で始めた方もいます。

 ・東京本部は現在、1/3が女性です。女性の有段者もいます。

 

Q6 沖縄での空手修行も出来ますか?

 ・特別な料金で東京と沖縄で継続的な指導が受けられます。

 ・沖縄へ空手短期留学をしている会員さんもいます。

 ・二年に一度、沖縄で世界大会があり、世界中の会員さんと交流できます。次回は2019年、那覇で開催予定です。