入会案内


 

■はじめに

・国際明武舘東京本部の活動は、原則、八木明人舘長の決定、および沖縄総本部の規約に従ってください。

 

■入門する資格について

・原則、幼稚園年長以上の入門を許可します。

・個人の事情については八木明人舘長の裁可に従ってください。

・入会時には入会申込書を提出してください。

 

■会費について

・入会金1万円とします。過去総本部に入会金を納めたことのある会員は入会金を免除とします。

・会員は二年目以降、年会費として毎年年末に5千円を納めてください。

・館長稽古は月謝制とし、新宿、銀座は¥10000(回数無制限)、銀座少年部は¥5000(月三回)、埼玉、

 すずかけ台は¥5000(月三回)とする。

  月謝は前々月の30日まで指定の口座に振り込んでください。月謝の区分は年一回のみ変更を認めます。

・兄弟で入会した場合はそれぞれ¥1000引きとします。

・規定の回数を超えて舘長稽古に参加する場合は1回¥3000を別途支払ってください。

・舘長が東京不在時には自主稽古日を設けます。自主稽古に参加する場合は¥1000を事務局に納めてください。

・入会を前提とした体験稽古は一回目無料、二回目¥1000とします。

・総本部会員、地方支部会員、外国人会員が東京本部舘長稽古に参加する場合は参加費¥3000を徴収します。

・他流派外国人、他流派日本人が稽古に参加する場合は参加費として¥5000を徴収します。

・東京本部で会費を納めている会員でも、沖縄総本部での稽古では既定の稽古代を納めてください。

・年会費を納める前提で休会を認めます。

 

■稽古について

・原則、八木明人舘長が月の第二週、第三週、第四週を東京に滞在して稽古を行います。

・一週間に新宿2回、銀座2回、埼玉1回、すずかけ台1回の舘長稽古を行います。

・稽古は毎回、6090分とし、前後十五分を準備、片付けにあてます。

・八木明人舘長が海外指導などで不在の場合は、代理に任命された者の指導で稽古を行います。代理がいない場合は

 稽古が休みとなります。

・稽古時間、場所はホームページにて周知します。

・稽古による怪我については、当道場で責任を取れません。各自で保険等に加入するなどして備えてください。

 

■審査について

・昇級、昇段審査については明人舘長が、道場生の入会時期、レベル等々を見ながら、その都度決めます。

・審査料は107級 白帯:¥100064級 緑帯:¥300031級 茶帯:¥5000 初段~四段

  黒帯:初段以降、段数×¥10000とします。

・昇級、昇段で帯が変わる場合は各自で準備する。希望者にはレンタル帯を貸出する。(¥1000/年、本数制限有)

 

■その他

・正会員のセミナー参加は三千円(通常五千円)とします。

・会員は明武館ワッペンを胴着の胸につけて下さい。またワッペン以外は個人の名前以外つけないでください。

・ワッペンは千円にて販売します。